タイトル等
板ガラスの表現
~ひろがるかたち、無限の可能性~
会場
石川県能登島ガラス美術館
会期
2017-04-15~2017-07-09
休催日
4月18日(火)、5月16日(火)、6月20日(火)
開催時間
9:00~17:00
入館は閉館の30分前まで
観覧料
個人(高校生以上)800円 団体(20名以上)700円
中学生以下は無料
主催者
石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
協賛・協力等
協力/公益財団法人中信美術奨励基金、富山市ガラス美術館、樂翠亭美術館(50音順)
後援/NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお
概要
熱によって柔らかく溶けたガラスを平らな板状に成形することで板ガラスは作られます。視線を遮らない透明性と平滑な面を持つ板ガラスは、例えば自動車用窓ガラスや建築資材として使用され、私たちの生活に欠かすことができない製品の一つとなっています。
板ガラスは、透明で無機質な素材ではありますが、見る角度を変えたり、光を受けたりすることで様々な表現を見せます。作家たちは、視点を動かすことでみえてくる色の深みや、反射によって鏡のように見る者の姿を映し出す、といった多様な変化を見せる板ガラスを、自身が持つイメージを具現する素材としてとらえ、重ね合わせる、削る、磨く、曲げるといった技法を施しながら、独自の造形表現を生み出しています。
本展では、板ガラスを用いて創作活動を行う現代作家5名(アビルショウゴ、家住利男、生田丹代子、小島有香子、所志帆)の作品を展示し、板ガラスによる表現の広がりと造形の魅力をご紹介します。
イベント情報
スペシャルワークショップ「板ガラスでオブジェ作り」
板ガラスを削って、オリジナルのオブジェを作ります。
■日時/5月4日(木・祝)、6日(土)①10:00~、②11:15~、③13:30~、④14:45~
■所要時間/約60分 ■参加費/500円(別途入館料)
■定員/各回7名先着順(予約不要)
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?page_id=31
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索