タイトル等
館蔵品展
江戸の花鳥画
狩野派から民間画壇まで
会場
板橋区立美術館
会期
2017-09-02~2017-10-09
休催日
月曜日 (ただし、9月18日と10月9日は開館し、9月19日は休館)
開催時間
午前9時30分~17時
入館は16時30分まで
観覧料
観覧無料
概要
室内にいながら草木や鳥を愛で楽しむことのできる「花鳥画」は、時代や流派を問わず描き継がれてきました。花鳥画とは、山水画・人物画と並ぶ東洋画題の一つで、広くは、草花のみを描いた花卉図(かきず)、蜂や蝶のいる草虫図(そうちゅうず)、水中の鯉などを描いた藻魚図(そうぎょず)、さらには獣に花木を配した図をも含むと言われています。江戸狩野派が様式を確立し、民間画壇が充実した江戸時代には、花鳥画の表現・技法もより多彩になり、魅力溢れる作品が数多く生まれました。
本展の第1室では、江戸狩野派による花鳥画をご紹介します。江戸狩野派は、幕府の御用絵師として安定した制作を行う一方、新たな表現にも挑み続けました。花鳥画においても、その貪欲な姿勢が見て取れます。第2室では、写実的で色鮮やかな宋紫石(そうしせき)や諸葛監(しょかつかん)らによる南蘋派(なんぴんは)、江戸琳派の酒井抱一(さかいほういつ)や鈴木其一(すずききいつ)が手掛けた、洗練された作品をはじめ民間画壇の花鳥画を幅広く展示します。
江戸の地で花開き羽ばたいた、花鳥画の世界をどうぞお楽しみ下さい。
イベント情報
■記念講演会 『江戸の花鳥画を「読む」愉しみ』
日時:9月23日(土·祝)14:00~15:30
講師:今橋理子氏(学習院女子大学教授)
当館1階講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。

■ギャラリートーク
9月9日(土)、16日(土)、30日(土)、10月7日(土) いずれも14:00~14:30
担当学芸員が展覧会について解説します。
申込不要、参加無料、当日直接2階展示室ロビーへお越しください。

■鑑賞講座 『江戸の美術を行って見る』
当館での座学と「江戸の花鳥画」展に関連の深い展覧会に実際に「行って見る」ことで江戸美術を取り巻く世界を多角的に学びます。
スケジュール
10月1日(日)14:00~15:00 板橋区立美術館にて
講師:植松有希(当館 学芸員)
「江戸の花鳥画」展の見学・レクチャー

10月8日(日)14:00~15:00 さいたま市大宮盆栽美術館にて
講師:田口文哉氏(さいたま市大宮盆栽美術館 学芸員)
盆栽および「三代目尾上菊五郎改メ、植木屋松五郎!?―千両役者は盆栽狂」展の見学・レクチャー

11月5日(日)14:00~16:00 静嘉堂文庫美術館にて
講師:大橋美織氏(静嘉堂文庫美術館 学芸員)
庭園および「あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~」展の見学・レクチャー

費用:受講料1,000円
(各地への交通費、さいたま市大宮盆栽美術館・静嘉堂文庫美術館観覧料、保険料が別途必要です。)
定員対象:30名(定員を超えた場合抽選)、全3回参加できる高校生以上の方
申込方法:往復はがきに以下の内容をご記入の上、お申し込みください。9月9日(土)必着。
①「江戸の美術を行って見る」申込 ②氏名(ふりがな)・住所・電話番号 ③年齢 ④以前に当館の講座を受講された方は講座名
※往復はがきは返信用にも住所・氏名を明記して下さい。
※宛先 板橋区立美術館「江戸の美術を行って見る」係

「江戸の花鳥画」展の作品は全て写真撮影ができます!
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/2017-exhibition/ex170902.html
会場住所
〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-34-27
交通案内
徒歩

・都営三田線「西高島平駅」下車 徒歩13分

・東武東上線「下赤塚駅」、東京メトロ「地下鉄赤塚駅」下車 徒歩25分


路線バス (所用時間約10分)

・東武東上線「成増駅」北口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 高島平操車場」行き「区立美術館」下車
※東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」(5番出口)も利用可。

・都営三田線「高島平駅」西口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 成増駅北口」行き「区立美術館」下車

※美術館を経由しないバスもありますので、乗車前にご確認ください。
※美術館前に停まるバスは1時間に1~2本です。

※下記のバスもご利用いただけます。(下車徒歩5~6分)
・東武東上線「成増駅」北口1番のりばより
「(赤02)赤羽駅西口」行き「赤塚八丁目」下車 (所要時間6分程度)

※コミュニティバス「りんりんGO」もご利用いただけます。


タクシー
・東武東上線「成増駅」北口、都営三田線「高島平駅」西口より約5分
※「新高島平駅」「西高島平駅」には、タクシー乗り場がなく、つかまりにくいため、「高島平駅」からご利用ください。
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/
会場問合せ先
テレフォンサービス 03-3977-1000
東京都板橋区赤塚5-34-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索