タイトル等
ヨーロッパの木の玩具(おもちゃ)
ドイツ・スイス、北欧を中心に
会場
目黒区美術館
会期
2017-07-08~2017-09-03
休催日
月曜日 ただし、7月17日(月・祝)は開館し、翌7月18日(火)は休館
開催時間
10:00~18:00
[入館は17:30まで]
観覧料
一 般 700(550)円
大高生・65歳以上 550(400)円
小中生 無料
障がいのある方は半額・その付添者1名は無料、( )内は20名以上の団体料金。目黒区美術館では、開館30周年を記念して区民割引を実施いたします。目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります。(他の割引との併用はできません。)
主催者
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
協賛・協力等
協力:株式会社 アトリエニキティキ
概要
子どもはおもちゃを通して、世界を知っていく-
これは、スイスの玩具メーカーであるネフ社の創業者クルト・ネフの言葉です。当館では子どもたちは勿論のこと、大人にまで、美しく優れた玩具で遊んでほしいという願いのもと、木でつくられた良質な国内外のトイを収集してきました。他方、アトリエ ニキティキは、秀でたデザインと機能性を備えた木製玩具を紹介しています。優れた玩具の効用に共感する両者が協力して開催する本展では、ヨーロッパで作られた木製玩具の魅力を「みる」「遊ぶ」「知る」の視点で構成します。本展を通じ、「手で遊び・考えること」で、ともすれば受け身になりがちな最近の「遊び」から自分の手で世界を広げていくことへと、思いを巡らせていただければ幸いです。
イベント情報
●開館30周年記念特別ワークショップセミナー
「ライフェンドレーエンでつくる動物たち」
実演:クリスチアンヴェルナー氏 (工房名: Reifendrehwerk Christian werner)
日時:7月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝) 各日:①11:00-12:30/②13:00-14:15 /③14:30-15:45 *16:00-17:30は公開制作 参加費無料 各回先着50名

●講演会「フレーベルの恩物について」
講師:荘司泰弘氏(常磐会学園大学教授)
日時:8月27日(日)14:00-15:30
参加費無料 先着50名
*ただし、高校生以上の入場には展覧会観覧券が必要です。
*詳細は当館ウェブサイトでご確認ください。
ホームページ
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex170708
会場住所
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
交通案内
【電車をご利用の場合】
○「目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約10分)
○「中目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約20分)

【バスをご利用の場合】
○東急バス「権之助坂」停留所をご利用の場合 (徒歩約5分)
○東急バス「田道小学校入口」停留所をご利用の場合 (徒歩約3分)
ホームページ
http://www.mmat.jp/
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索