タイトル等
特別企画展
書の美術ー経典・古筆切・手紙ー
会場
大和文華館
会期
2017-11-17~2017-12-24
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時まで
観覧料
一般 620円 高校・大学生 410円 小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
文字をしたためること、そこから生み出される「書」は、文字そのものの意味と造形を兼ねた、特有の芸術性が認められます。一文字一文字に祈りが込められ写された装飾経、連綿と記された仮名に流麗な美しさが見られる古筆切、個性的な文字や内容に人柄が表れる墨蹟や書状の数々、目的や筆者は異なりますが、何れも他者に「伝えること」が強く意識されており、文字の形、さらにはそれをしたためる料紙に創意工夫が凝らされ、筆者の美意識を味わうことが出来ます。
こうして生み出された「書」の美しさは人々を魅了し、現在に伝えられてきました。その多くが本来の目的を離れ、内容だけでなく筆者や伝来に価値が見出され、たとえ一部分であっても鑑賞に適するよう表装されています。あるいは書状のように、その時代の様相を具体的に知る手がかり、史料としても重要です。当館に所蔵される双柏文庫は、日本中世史研究者・中村直勝(なかむらなおかつ)氏が収集した古文書コレクションであり、中世・近世の公家や武家・茶人の書状が充実しています。
展覧会では館蔵品に特別出陳品を交え、「書」に見られる多様な美意識に迫ります。
個々の作品が持つ「鑑賞」「愛玩」の歴史にも思いをはせつつ、御覧頂けましたら幸いです。
イベント情報
●列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)
●特別講演 12月3日(日)午後2時講堂
「日本の書の特色-仮名を中心に-」五島美術館副館長 名児耶明氏
●日曜美術講座 12月10日(日)午後2時 講堂
「一字一仏の経典-新出の一字宝塔経断簡へのアプローチ-」当館学芸員 古川攝-
●講座 美術の窓 12月17日(日)午後2時 講堂
「江戸時代の絵入特製用箋」 当館館長 浅野秀剛
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索