タイトル等
黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展
名刀礼賛―もののふ達の美学
珠玉の名刀コレクション、このたび東京で堂々公開!
会場
泉屋博古館分館
会期
2017-06-01~2017-08-04
休催日
月曜(7/17は開館、7/18(火)は休館)
開催時間
午前10時00分~午後5時00分
(入館は4時30分まで)
観覧料
一般 800円(640円) / 大高生600円(480円) / 中学生以下無料
※20名様以上の団体の方は( )内の料金
主催者
公益財団法人黒川古文化研究所、公益財団法人泉屋古館
概要
愛刀家の間ではよく知られながら、これまでほとんど一般に見る機会が少なかった珠玉の名刀コレクション、この度東京で堂々公開!
兵庫県西宮市にある黒川古文化研究所は、東洋古書画や考古遺物を多数所蔵し、その研究で知られていますが、日本刀についても国宝・重文を含む一大コレクションを有しています。その中から、国宝「短刀無銘 貞宗(名物伏見貞宗)」や重文「太刀 銘 国光」、「太刀 銘 備前国長船住景光」など平安から江戸時代までに造られた約30口の名刀を紹介します。
また、刀装具や武士の描いた絵画もあわせて展示し、武士たちが育んできた美意識についても探ります。東京ではほぼ初公開となる刀剣美の世界とその魅力をご堪能いただける絶好の展覧会です。
イベント情報
会期中のイベント (入館券が必要です)
★ゲスト・トーク
「刀剣の魅力」 6月17日(土)15:00~16:00
「鐔・刀装具の魅力」7月8日(土) 15:00~16:00
ゲスト:川見典久氏(黒川古文化研究所研究員)
※両日とも、当日10:00より入館券をお持ちの方お一人につき1枚、 座席指定券付き整理券を配布予定(定員50名)

★ギャラリー・トーク
6月3日、7月1日、7月22日(各土)15:00~16:00
ナビゲーター:野地耕一郎(泉屋博古館 分館長)

◆ロビー・コンサート:尺八ザムライ
6月24日(土) 15:00~16:00
演奏:田嶋謙一氏(直簫流尺八奏者)
※当日10:00より入館券をお持ちの方お一人につき1枚、
座席指定券付き整理券を配布予定(定員50名)
ホームページ
https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html
展覧会問合せ先
03-5777-8600
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木1-5-1
交通案内
[東京メトロ]
南北線 「六本木一丁目」駅下車・北改札1-2番出口より屋外エスカレーターで 3分
日比谷線 「神谷町」駅下車・4b出口より 徒歩10分
銀座線 「溜池山王」駅下車・13番出口より 徒歩10分
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
東京都港区六本木1-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索