タイトル等
特別展・イセ文化基金30周年記念
初公開 明治の刺繍絵画展
~英国王室で愛された至宝~
会場
高岡市美術館
会期
2013-03-30~2013-04-07
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後5時
・3月30日(土)のみ午前10時30分から ・入館は午後4時30分まで
観覧料
◎一般:500円(シニア・団体:400円)◎高校・大学生:300円(団体:240円)◎小・中学生:無料
※シニアは65歳以上 ※団体は20名以上
※身体障害者・精神障害者保健福祉・療育など各種手帳をお持ちの方および付き添いの方(1名)は半額です。手帳をご持参ください。
主催者
明治の刺繍絵画展実行委員会(公益財団法人 高岡市民文化振興事業団・高岡市美術館、イセ文化基金)
協賛・協力等
共催:高岡市、高岡市教育委員会、北日本新聞社、北日本放送 後援:富山県、富山県教育委員会
協賛:イセ食品株式会社 協力:高岡市美術館友の会
特別協力:アシュモレアン美術館、清水三年坂美術館、宝満堂、マルカム・フェアリー
概要
「明治の刺繍絵画」は、明治時代、日本の美術工芸品が殖産興業の一翼を担い、主に欧米への輸出向けに作り出された作品です。
日本では、奈良時代以前から、独自の染色技術の蓄積があり、江戸時代には、その技術は最盛期を迎えます。刺繍という部分的装飾芸術の枠を超え、明治の日本人が絹糸という独特の光沢と質感を持った素材を用い、絵の具の表現とはまったく異なった、刺繍絵画という分野を確立しました。
本展は、富山県高岡市にて、日本ではじめて、「明治の刺繍絵画」をお披露目する歴史的な展覧会であり、世界最古のイギリス・アシュモレアン美術館で行われた「絹の糸・金の糸」展に展示された美麗な明治の刺繍38点を展示します。
会場住所
〒933-0056
富山県高岡市中川1-1-30
交通案内
■電車、バスをご利用の方
新高岡駅より
富山駅行バス(高岡駅経由)「中川」下車、徒歩2分

高岡駅より
徒歩:約20分 (北東約2km)
JR氷見(ひみ)線:「越中中川 (えっちゅうなかがわ)駅」下車、徒歩2分
バス:職業安定所前行バス「工芸高校前」下車、徒歩1分

■自動車をご利用の方
能越自動車道:
高岡北ICから約10分 / 高岡ICから約15分
北陸自動車道:
小杉(こすぎ)ICから約20分 / 高岡砺波(となみ)スマートICから約20分
ホームページ
http://www.e-tam.info/
富山県高岡市中川1-1-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索