タイトル等
日下部直起展
たどりついた寓話
会場
ギャラリー島田
会期
2013-03-02~2013-03-13
開催時間
12:00~19:00
火曜日は-18:00、最終日は-17:00
概要
全ては大地が、火が水が、生む。その恵みが花となり石となり煉瓦となり鉄となり人の営みを支える建物や道具を生む。それらは時に晒され、命の盛衰を見届け、時を刻印しながら美を孕み、画家は自らの証しとしての寓話を画布に紡ぎだしていく。人も物もその役割を終えてからまた何かに蘇り、新しい命を養う。輪廻再生、それが希望だ。
島田 誠
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/kusakabe_1303.html
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索