タイトル等
―壮烈な画業― 釘宮對宕展
会場
大分市美術館
会期
2002-02-19~2002-03-24
休催日
月曜日
観覧料
一般 600(500)円
高大学生 400(300)円
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は無料
主催者
大分市美術館、朝日新聞社
概要
墨にこだわりつづけた孤高の画家釘宮對宕の展覧会を開催します。
對宕は1920年(大正9)現在の臼杵市に生まれ、大分の小学校に通い、少年時代を京都で過ごします。寺院を巡って古画を模写した京都での体験は、その後の芸術活動に大きな影響を与えました。第二次世界大戦後大分に帰郷して十年余りの教員生活を送った對宕は、39歳のとき横浜に移ります。そして1970年(昭和45)、初めて渡欧した對宕は水墨画でヨーロッパの風景を描き、以後1986年(昭和61)に死去するまで、裸婦など新たな画題を水墨画で描く野心的な試みを続けました。
本展覧会では、釘宮對宕の画業を大分市美術館所蔵作品のほか個人所蔵の作品も含めて彩色画、水墨画、墨彩画、油彩画など約60点で紹介します。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/www/genre/0000000000000/1000000003006/index.html
展覧会問合せ先
大分市美術館 Tel.097-554-5800
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索