タイトル等
古川美術館 特別展
伊勢に生まれし美(いつく)しき使者(つかい)
女流画家 伊藤小坡(しょうは)の世界
~うららかなる美の巨匠
会場
古川美術館
会期
2012-10-13~2012-12-16
前期 10月13日<土>-11月11日<日> 後期 11月13日<火>-12月16日<日>
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
※最終入館は午後4特30分まで
観覧料
爲三郎記念館との共通券
(大人1,000円/高・大学生500円/小・中学生300円)
●半額
◦ 身障者及び同伴者2名様まで
◦ 当館パスポート会員 同伴者4名様まで
◦ 和装の方
●100円割引
◦ 10名様以上の団体にてご来館の方
◦ 同展覧会に2回目以上のご来館で半券の提示の方
◦ 当館発行割引券又はホームページ割引券ご持参の方
◦ 各種友の会会員で会員券提示の方
◦ 名古屋市交通局ドニチエコキップご提示の方
◦ 当館展覧会スケジュール利用の方
●200円割引
◦ 20名様以上の団体にてご来館の方
◦ JAF会員の方
◦ H・I・S割引クーポン
●団体(5名様以上でご予約された方に絵葉書プレゼント)
◦ 10名様以上 大人900円、高大生400円、小中学生200円
◦ 20名様以上 大人800円、高大生300円、小中学生100円
●無料
◦ 土曜日は小・中学生無料

●特別割引
◦ セット割引 前期券(1,000円)+後期券(1,000円)を併せて買うと 2,000円が1,500円になります。
※今回の展覧会は前期(10/13~11/11)・後期(11/13~12/16)で作品が入れ替わります。前売料金よりお得で全ての展示作品を楽しめる2回チケットを発売します。
《販売期間 8月3日~11月11日》
※本チケットは、お連れ様と分け合えるペアチケットではありません。1枚につきお一人様、前期・後期それぞれ1回限り有効です。
主催者
公益財団法人 古川知足会、中日新聞社
協賛・協力等
協賛 野村證券株式会社、積水ハウス株式会社
後援 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
名古屋造形大学、名古屋音楽大学、公益財団法人名古屋文化振興事業団
スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
概要
近代日本で女流画家の先駆けとして活躍した伊藤小坡(しょうは)を紹介します。
伊勢の猿田彦神社に生れた小坡は、幼少より絵に親しみました。伊勢で磯部百鱗(いそべひゃくりん)、そして京都で森川曽文(そぶん)についた後、谷口香嶠(こうきょう)に入門し、歴史物語や日常の女性像を描いて画壇で本格的に活躍を始めます。大正6年には竹内栖鳳ら当時一流の画家と共に、女性としては上村松園とただ二人、当時の皇后陛下の御前で揮毫するなど、目覚ましい活躍を果たしました。
神職の家に生れ、幼い頃より和漢の学問をたしなんだ育ちと素養を活かして、小坡は歴史や王朝物語の世界を格調高く描き出しています。一方で、大正時代には日々を生きる女性の断片を、自身の体験を通してさりげなく切り取りとってみせ、三児の母でよき家庭人でもあった小坡ならではの作風も開花しました。そして晩年にはうららかで澄み切った画風へと辿りつき、小坡独自の女性像を完成させていきます。
本展では小坡の初期から晩年までの作品を、師・香嶠や、夫で画家の伊藤鷺城との関わりなども交えて追っていきます。また小坡が鷺城と共同で描いた作品(前期展示)や、家庭生活の中で生み出した作品(後期展示)、工芸の図案や雑誌の挿絵資料の他、小坡芸術の華ともいうべき独特のやわらかな表現を見せる美人画を一堂に展示します。女性が画家として生きることが困難だった時代。芸術への情熱を心に秘め、品格の中にも温もりのある美を描き、歴史にその名を刻んだ女流画家・伊藤小坡の軌跡をお楽しみください。
イベント情報
女流画家 伊藤小坡の世界展 美術講演会
「伊藤小坡の芸術~〈秋好中宮図〉を中心に」(要予約)
日時/11月22日(木)13:30~15:00(開場13:00~)
場所/ルブラ王山(古川美術館より徒歩5分) 講師/森本 孝 氏(現・猿田彦神社 伊藤小坡美術館 副館長)
参加費/500円 ※但し入館料別途必要
※前後期全ての展示を楽しめるお得なセット割引があります。

学芸員による 「ギャラリートーク(両館)」
日時/10月14日(日)、11月7日(水)、12月2日(日)
各日14:00~
※古川美術館 → 分館 爲三郎記念館の順で1時間程度
※予約不要、聴講無料、但し入館料別途必要
展示替え情報
一部展示替えを行います
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/exhibit/index.html
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
交通案内
【電車】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バス】
池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/
会場問合せ先
052-763-1991
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索