タイトル等
鬼海弘雄写真展 PERSONA
東京ポートレイト、インディア、アナトリア
会場
伊丹市立美術館
会期
2012-11-10~2012-12-24
休催日
月曜日(ただし12月24日[月祝]は開館)
開催時間
午前10時~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般700(600)円、大高生350(250)円、中小生100(80)円
*( )内は20名以上の団体割引料金
*兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
主催者
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
協賛・協力等
共催/伊丹市教育委員会
助成/公益財団法人花王芸術・科学財団
協賛/キヤノンマーケティングジャパン株式会社、富士フイルム株式会社
企画協力/クレヴィス
概要
1945年山形県に生まれた鬼海弘雄は大学で哲学を修めた後、トラック運転手、マグロ漁船の乗組員などさまざまな職業を転々とする中、アメリカの写真家ダイアン・アーバスの、人間の核へ肉薄した作品に大きな衝撃を受け、写真家として身を立てる決意をします。以来、現在まで写真表現をひたすら追及することに身を投じ、土門拳賞他数々の賞を受賞しています。
本展では、強烈な存在感と詩情をあわせもつ人々を40年以上にわたって撮り続けている『PERSONA』、人の営みの匂いを写し出す町のポートレイト『東京迷路』、『東京夢譚』のシリーズにくわえ、鬼海弘雄のもうひとつのライフワークである『インディア』と『アナトリア』から、厳選したモノクロ作品約200点を一堂に展示します。
写真にしか表現できない「ちから」とは何か、という問いかけに真っ向から取り組み、人間という摩訶不思議な生き物に対する尽きない好奇心と愛情が注ぎ込まれた作品群は、普遍的な「人間」の姿の迫力と美しさで観る者を圧倒します。
鬼海弘雄の関西で初の大規模な集成展となる本展は、人間存在の根源に迫る写真家・鬼海弘雄の全貌に触れる貴重な機会です。
イベント情報
対談:鬼海弘雄×いしいしんじ[作家]
日時/11月10日(土) 14:00-15:30 場所/美術館1階講座室
定員/先着100名 *当日11:00より整理券を配布いたします。
*聴講無料・要観覧券、申込不要

アーティスト・トーク:鬼海弘雄
日時/11月11日(日)、12月1日(土)、2日(日) 各日14:00-15:00
場所/本展会場内 *聴講無料・要観覧券、申込不要
ホームページ
http://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/upcoming_exhibition/
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索