タイトル等
戦国大名宇喜多氏
会場
岡山県立博物館
第2展示室
会期
2012-09-22~2012-10-14
概要
岡山を代表する戦国大名宇喜多直家は、「下剋上」の風潮を絵に描いたような経過で戦国時代の備前・美作を手に入れました。もとは邑久郡邑久郷(現岡山市東区)を本拠とする国人領主であった宇喜多氏は、守護大名赤松氏の被官浦上氏に仕えました。直家の祖父に当たる宇喜多能家の自画像には、浦上氏のもとでの数々の活躍が記されています。直家の時、西を毛利、東を織田に囲まれますが、直家はその力を巧みに利用して対抗する武将たちを攻略し、やがて浦上氏をも居城天神山城から敗走させて、備前美作を治める戦国大名へと成り上がったのでした。
ここでは、宇喜多の名が登場する最も古い史料から、浦上氏に仕えて戦国大名に成長し、最後には「豊臣」を名乗った宇喜多秀家に関わる資料まで、宇喜多氏の各期の史料を紹介し、その成長の過程を振り返ります。
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索