タイトル等
特別陳列
「備中神楽面―上田春山作―」
会場
岡山県立博物館
会期
2012-09-22~2012-10-14
概要
岡山県備中地方に伝承されてきた神事にまつわる民俗芸能が「備中神楽」【国指定重要無形民俗文化財】です。今回の特別陳列では、備中神楽の演目に用いられるすべての42面を中心に備中神楽に関する資料を展示し、郷土の伝統芸能に対する理解を深める機会とします。
これらの面は、神楽面の名工、上田春山(春一【大正4(1915)年~平成13(2001)年】:高梁市中井町)が、昭和53~55(1978~80)年にかけて制作したものです。上田春山は、岡山県を代表する現代の神楽面師の一人であり、現在もその流れをくむ春山流の面を多くの人々が学んでいます
イベント情報
学芸員による展示解脱
日時:平成24年9月22日(土曜日)、29日(土曜日)、10月6日(土曜日)、13日(土曜日)、午後2時~3時
場所:岡山県立博物館 展示室
※事前申込不要、参加無料(入館料は必要)
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索