タイトル等
特集展示
斎藤義重
1980年代以降を中心に
会場
千葉市美術館
会期
2012-09-08~2012-10-21
休催日
10月1日(月)
開催時間
10:00~18:00
金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館30分前まで
観覧料
一般200(160)円、大学生150(120)円
※( )内は団体30名以上
※小・中学生、高校生、千葉市内在住60歳以上または千葉県在住の65歳以上の方、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※同時開催「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」入場者は無料
※10月18日(木)は「市民の日」につき無料開放
主催者
千葉市美術館
協賛・協力等
特別協力:富山県立近代美術館
概要
日本における現代美術の開拓者である斎藤義重(1904-2001)が1980年代以降に制作した代表的な作品を、本館の所蔵作品を中心に展示します。
千葉市美術館は2003年から翌04年にかけて開催された、岩手県立美術館をはじめとする全国5館の美術館による斎藤の歿後初めての大回顧展に参加し、彼の長い造形のあゆみを紹介しました。とりわけ、彼が1980年に制作した「反比例」シリーズにはじまる黒い板の組み合わせによる立体作品は、展示会場の空間に合わせ変化するフレキシブルな性格を持っています。作者不在となった回顧展では各館の担当学芸員たちがそれぞれの研究を基に展示を行い、多くの反響を呼びました。今回は、回顧展とはまた違った会場構成を行います。
本展では当館の所蔵作品の他、回顧展で共に協力し合った富山県立近代美術館と個人御所蔵の作品など約25点を展示し、この不世出のアーティストによる造形の魅力を再考します。
イベント情報
■市民美術講座
11階講堂にて 14:00(開場13:30) 先着150名 聴講無料

千葉市が今まで収集した美術品は、企画展や所蔵作品展でテーマを決めて公開していますが、収集された美術品が美術史の中でどのように位置づけられるのか知リたいという声が寄せられています。
「市民美術講座」はこのような声にお答えし、市民のみなさまに千葉市美術館のコレクションを紹介し、作品についての理解を深めていただくものとして、2004年度より実施しております。
・「斎藤義重氏の思い出」
9月22日(土) 講師:藁科英也(当館学芸係長)
・「美術館で楽しむ絵本とイラストレーション」
10月13日(土) 講師:山根佳奈(当館学芸員)
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2012/0908_2/0908_2.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索