タイトル等
没後50年に顧みる
須田国太郎展
会場
石川県立美術館
会期
2012-09-01~2012-10-14
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般1000円(800円) 大学生600円(500円) 高中小生300円(200円)
*( )内は20名以上の団体料金
主催者
石川県立美術館、日本経済新聞社
協賛・協力等
特別協力 京都国立近代美術館
概要
須田国太郎(1891-1961)は明治24年京都市生まれ、京都帝国大学で美学・美術史、関西美術院でデッサンを学んだ後スペインに留学し、帰国後は西洋絵画を基礎に日本独自の油絵を求め、幽玄な作品を独立美術協会展や個展で発表し続けました。
日本人画家の多くがパリを目指す時代、須田は、大正8年にスペインに渡り、12年の帰国までプラド美術館でティツィアーノやティントレットなどヴェネツィア派の色彩理論やバロック絵画の明暗法を研究し、またヨーロッパ各地を旅行して新旧の美術の摂取に努めています。流行の様式を切り花的に取り入れるのではなく、西洋絵画の根幹から学び、理論と実技を深めて行ったのです。京大講師としてギリシャ彫刻史やルネサンスからバロック美術を講義し、画家として、西洋と東洋の美の総合と超克を目指して研鑽し、動物や社寺といった油絵ではまれなテーマに挑んで、精神性の高い作品を数多く描いた須田は、独歩の画家であったといえます。
なお、石川県での活動はあまり知られていませんが、終戦直後4ヶ月ほど須田は加賀に滞在し、片山津や大聖寺、那谷寺などの近隣を描き、小松で講演や講習会を行い、また金沢へは愛好した能の鑑賞に出かけるなどしています。この間が石川の美術界において現代美術展の開催や金沢美大創設運動など、大きな転換期であったことは注目されるところです。
本展では没後50年を機に、初期から晩年まで、「法観寺塔婆」、「犬」、「鵜」などの代表作を含む約120点の作品を通し、深遠な須田国太郎の世界を紹介いたします。
イベント情報
講演会 須田国太郎の作風解釈
講師 原田平作氏(大阪大学名誉教授)
日時 9月2日(日)午後1時30分~3時
会場 石川県立美術館ホール
(定員209名 申込不要、聴講無料)

ミュージアムコンサート
谷内直樹ギターリサイタル
日時 10月6日(土)午後1時30分~
会場 石川県立美術館ホール
定員 209名 整理券必要、無料
*応募の詳細は当館ホームページをご覧いただくか、直接お問合せください。

学芸員によるギャラリートーク
日時 9/9,16,23,30,10/7,14
日曜 午前11時~12時
会場 1階企画第7~第9展示室
申込不要、須田展観覧料必要
ホームページ
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/event/0event.html
会場住所
〒920-0963
石川県金沢市出羽町2-1
交通案内
■ 兼六園シャトルをご利用の方
平日/片道
(おとな) 200円 (子ども) 100円
土日祝/片道
(おとな) 100円 (子ども) 50円

金沢駅東口(6番のりば)から、兼六園シャトルで約15分、「県立美術館・成巽閣」下車、徒歩約2分。
金沢駅 始発9時30分~終発17時50分まで、20分おきに運行。
バス後方向正面が県立美術館です。

■ 路線バスをご利用の方
片道
(おとな) 200円 (子ども) 100円

| 金沢駅東口 【3番のりば】
金沢駅東口(3番のりば)から 18系統に乗り、「広坂・21世紀美術館 (石浦神社向い)」下車、徒歩約5分。
バス後方向すぐの広坂交差点を右折し、坂をのぼると、右手が県立美術館です。

| 金沢駅東口 【6番のりば】
金沢駅東口(6番のりば)から乗り (いずれの系統でも可)、「広坂・21世紀美術館 (しいのき迎賓館前)」下車、徒歩約7分。
バス前方向すぐの広坂交差点を直進し、坂をのぼると、右手が県立美術館です。
ただし91系統は「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車、徒歩約5分。
バス後方向すぐの広坂交差点を右折し、坂をのぼると、右手が県立美術館です。

| 金沢駅東口 【7番のりば】
金沢駅東口(7番のりば)から乗り (いずれの系統でも可)、「出羽町」下車、徒歩約5分。
バス後方向に進み、兼六園坂上交差点を左折して、成巽閣を過ぎると、正面が県立美術館です。
ホームページ
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/
石川県金沢市出羽町2-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索