タイトル等
写真展 コーシャ・フェレンツの世界
多元時空
会場
城西国際大学水田美術館
会期
2012-09-25~2012-10-13
休催日
日曜日、月曜日
開催時間
10時~16時
観覧料
入館無料
主催者
学校法人城西大学、ハンガリー文化センター、日本ハンガリー友好協会「コーシャ・フェレンツの世界」実行委員会
協賛・協力等
後援:外務省、駐日ハンガリー大使館
概要
ハンガリーの映画監督であるコーシャ・フェレンツは、映画界の重鎮である。脚本家としても名声を博し、また写真家としても次第に頭角を現す。氏は自身の活動について、次のように語っている。「半世紀以上にわたり、自分の思いや生きている証を、映画だけでなく写真でも表現してきました。映画とは違い、写真は過ぎ去る一瞬と悠久の狭間にあります。私は、この小さく儚い世界に広がる、無限の一瞬を見出すことにより、広がる時間と空間を同時に表現しようとしたのです。私の映画では人間に焦点を当てています。その中でも特に、人として生きる事の責任や哀しみ、理不尽で矛盾だらけの社会、そして人の可能性について描いてきましたが、写真の主役は自然との対話です。様々な一瞬と永遠が、同時に存在している多次元と、我々人間との関わりに焦点を当てました。」
コーシャの作品は、素朴な魅力でこの新しい調和を目指している。写真の題材は多種多様だが、その全ての根源は変わらない。素朴で単純だからこそ、世界への敬愛のメッセージがより輝きを増しながら、力強く発せられている。
彼のルーツはハンガリーだけではない。日本を第二の故郷とし、親日家としても知られる彼は、独自の観点で日本を捉えてきた。2002年、天皇皇后両陛下のハンガリー公式訪問に合わせ、ブダペストの国立ギャラリーで開催された同氏の写真展は、独特の作風で日本への想いを綴り、両国の相互理解をよりいっそう深める結果となった。
日本で展示される本写真展の作品群は、大きく三つに分けられる。まず、ハンガリーを始めとする欧州で撮られたもの。そして、日本のもの。最後に、アジア、アフリカやアメリカなど、世界各地の印象を集約したもの。
時と空間の広がりを、コーシャ・フェレンツの眼でご堪能ください。
イベント情報
トークイベント「ハンガリーの映画と写真」
10月5日[金]13時20分~14時50分
講師:キラーイ・アッティラ氏(城西国際大学語学教育センター助教)
会場:図書館棟3Fプレゼンテーションホール
参加者にハンガリーのフルーツティーをサービス
*参加無料/要予約
会場住所
〒283-8555
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
交通案内
●JR外房線 大網駅 または JR総武本線 成東駅乗り換えで JR東金線 求名(ぐみょう)駅下車、徒歩5分

●車では、京葉道路・館山自動車道の千葉東ジャンクションより 千葉東金道路に入り、東金インター下車、国道126号線を成東方面へ約20分、信号「城西国際大前」右折

●次の各駅よりシャトルバス運行
JR 東京駅 (八重洲中央口ヤンマービル前バス停)
(時刻) 9:00

JR 蘇我駅 (東口バスロータリー内バス停)
(時刻) 10:10 10:20 12:10 14:05

JR 大網駅 (改札口前バス停)
(時刻) 10:15 10:50 11:55 12:40 13:15 14:20

JR 成東駅 (改札口前)
(時刻) 11:35 14:45

JR 東金駅 (東口ロータリー)
(時刻) 10:30 12:10 13:30

京成成田駅 (東口バスロータリー森田ビル向い側)
(時刻) 10:45 13:55
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/
会場問合せ先
0475-53-2562
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索