タイトル等
物語の世界を描いた、英国絵画の巨匠。
バーン=ジョーンズ展
―装飾と象徴
英雄ペルセウスは、丸の内で、奮闘中。
@三菱一号館美術館
会場
三菱一号館美術館
会期
2012-06-23~2012-08-19
休催日
毎週月曜休館(祝日の場合は翌火曜休館)
開催時間
木・金・土 10:00-20:00
火・水・日・祝 10:00-18:00
入館は閉館の30分前まで 但し8月13日(月)は18:30まで開館
※不測の事態により開館時間を変更する場合があります。事前にハローダイヤル、ウェブサイトなどでご確認下さい。
観覧料
当日券 一般1500円 高校・大学生1000円 小・中学生500円
前売券 一般1300円 ─大学生以下は前売券の設定はありません─
主催者
三菱一号館美術館、東京新聞
協賛・協力等
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:日本航空、J-WAVE
概要
―『夢の国』に住む一番素敵な若者の一人―時代の寵児ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにそう云わしめた気鋭の画家エドワード・バーン=ジョーンズ(1833-98)は、イギリスの工業都市バーミンガムで額縁職人の子として生まれました。オックスフォード大学で生涯の友ウィリアム・モリスと出会い、1861年にはアーツ・アンド・クラフツ運動の起点となる共同事業を創始します。そして、19世紀末には、その詩情にみちた静謐な画風によってヴィクトリア朝絵画の頂点をきわめました。しかし、その活動の全体像については、これまで十分に把握されてきたとはいえません。
本展は、バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展です。ランカスター大学ラスキン図書館・研究所長スティーヴン・ワイルドマン氏を監修者に迎え、世界屈指のコレクションを収蔵するバーミンガム美術館の協力を得て、油彩画、水彩画、素描、貴重書、タペストリなど、国内外から厳選した約80点を、聖書・神話・物語のテーマごとに展覧します。「聖ゲオルギウス」「クピドとプシュケ」「ピグマリオン」「ペルセウス」「いばら姫」など、バーン=ジョーンズ芸術の真髄を伝える代表的連作を紹介します。
イベント情報
バーン=ジョーンズ展 家族プログラム
「うちわに描こう!みんなの物語」
三菱一号館美術館では、夏休み期間中、バーン=ジョーンズ展に関連した家族プログラムを開催致します。詳細は、5月中旬頃(予定)、展覧会サイト:http://mimt.jp/bj/にてご案内しますので、どうぞお楽しみに!
ホームページ
http://mimt.jp/bj/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒105-0005
東京都千代田区丸の内2-6-2
交通案内
■電車でお越しの方
・JR 「東京」駅 (丸の内南口) 徒歩5分
・JR 「有楽町」駅 (国際フォーラム口) 徒歩6分
・東京メトロ 千代田線 「二重橋前」駅 (1番出口) 徒歩3分
・東京メトロ 有楽町線 「有楽町」駅 (D3/D5出口) 徒歩6分
・都営 三田線 「日比谷」駅 (B7出口) 徒歩3分
・東京メトロ 丸の内線 「東京」駅 (改札口・地下道直結) 徒歩6分

■バスでお越しの方
最寄の停留所は 「東京国際フォーラム前」 です。
三菱一号館美術館の正面に停まります。

都営バス
・都04 (豊海水産埠頭~東京駅丸の内南口)
・都05 (東京ビッグサイト~東京駅丸の内南口)
・都05 (深川車庫前~東京駅丸の内南口)

東急バス
・東98 (等々力操車所~東京駅南口)

■羽田空港よりお越しの方
・東京モノレール →約25分→ 「浜松町」駅(JRに乗り換え) →約6分→ 「東京」駅
・京浜急行 →約21分→ 「品川」駅(JRに乗り換え) →約11分→ 「東京」駅

■成田空港よりお越しの方
・JR成田エクスプレス →約62分→ 「東京」駅
・京成スカイライナー →約58分→ 「日暮里」駅(JRに乗り換え) →約11分→ 「東京」駅

■車でお越しの方
・最寄高速道路出口は「都心環状線 丸の内出口」です。
※当館専用の駐車場はございません。
※駐車場は、丸の内エリア共通サービスで便利でお得な丸の内パークインをご利用ください。
ホームページ
http://mimt.jp/
東京都千代田区丸の内2-6-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索