タイトル等
ユーモアのすすめ
福田繁雄大回顧展
会場
高崎市美術館
会期
2012-04-14~2012-06-24
休催日
月曜日[4月30日は開館]
(4月16日、23日、5月7日、14日、21日、28日、6月4日、11日、18日)
開催時間
10:00~18:00
金曜日は10:00―20:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
[ 一般 ] 600円(480円)
[大学・高校生] 300円(250円)
*( )内は20名以上の団体割引料金 *身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。
主催者
高崎市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
□後援 上毛新聞社、読売新聞前橋支局、群馬テレビ、J:COM群馬、エフエム群馬、ラジオ高崎、群馬県デザイン協会
□協力 二戸市シビックセンター、福田繁雄デザイン館、DNP文化振興財団
□企画協力 DNPアートコミュニケーションズ
□協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網
概要
東京に生まれ、少年時代を岩手県二戸市で過ごしたグラフィック・デザイナー福田繁雄(1932-2009)は、東京オリンピックや大阪万博へと日本が向かっていた時期に、戦後世代のデザイナーとしてその活動をスタートしました。1972年、ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレで金賞を受賞、1975年、『ポーランド戦勝30周年記念国際ポスター・コンペ』で最高賞を受賞するなど、国内外で広く活躍した福田の作品では、明快な単純化、軽快なユーモアのセンス、そして視覚による伝達への関心に根ざす、錯覚や錯視を利用した視覚トリックが一体化しています。福田のこうした特質は、グラフィック・デザインだけではなく、立体作品や著作にも強くあらわれています。
本展は、DNP文化振興財団所蔵のポスター約160点と、二戸市シビックセンター福田繁雄デザイン館所蔵の立体作品約80点に加え、アイデアスケッチなど貴重な資料を紹介し、福田繁雄の全貌に迫る、過去最大規模の回顧展です。
イベント情報
スペシャルギャラリートーク
講 師:盛本直美(岩手県立美術館学芸員)
日 時:4月21日(土)14:00~
会 場:高崎市美術館
※予約は必要ありません。展覧会観覧料が必要です。

マジック教室&ショー
講 師:アーシャン輻正(マジシャン)
日 時:4月28日(土)、5月6日(日)
いずれも14:00~15:30
対 象:小学生以上
定 員:各回20名
会 場:高崎市南公民館
参加費:100円
お申込:美術館にて電話受付いたします
(先着順)

ぱらぱらマンガ教室
講 師:黒田いずま(漫画家)
日 時:6月10日(日)14:00~15:00
対 象:小学生以上
定 員:20名
会 場:高崎市南公民館
お申込:美術館にて電話受付いたします
(先着順)

学芸員によるギャラリートーク
日 時:5月26日(土)、6月2日(土)、6月23日(土)
いずれも14:00~
会 場:高崎市美術館
※予約は必要ありません。展覧会観覧料が必要です。
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/art/fukuda_shigeo.htm
会場住所
〒370-0849
群馬県高崎市八島町110-27
交通案内
■JR高崎駅西口から 徒歩3分
■関越自動車道 高崎インターから自動車で約25分
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014011000353/
群馬県高崎市八島町110-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索