タイトル等
生誕90年
山下清展
放浪の天才画家、真実の姿がここにある。
会場
ふくやま美術館
会期
2012-04-28~2012-06-17
休催日
月曜日 ただし4月30日(月)は開館
開催時間
午前9時30分~午後5時
ただし6月8日(金)、6月9日(土)、6月15日(金)、6月16日(土)は午後7時まで開館
観覧料
一般 1,000円(800円) 高校生以下無料
( )内は前売りまたは20名以上の団体料金
次の方は無料です。証明となるものを各受付にご提示ください。
■社会福祉施設に入所されている方。
■65歳以上で、福山市、府中市及び神石高原町に在住の方。
■障がい者およびその介護者の方。
主催者
<公財>ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市教育委員会、中国新聞備後本社
協賛・協力等
協 力:山下清作品管理事務局
企画協力:ステップ・イースト
概要
「美の表現の烈しさ、純粋さはゴッホやアンリ・ルッソ‐の水準に達している」と梅原龍三郎に評され、緻密で色鮮やかな独特の貼絵の世界を確立させた山下清。「今年の花火見物はどこにいこうかな」という言葉を最後に、1971年、49歳の若さで世を去りました。
山下清の生誕90周年を記念するこの展覧会は、その生い立ちから、貼絵との出会い、彼の代名詞となった「放浪」を第一章、放浪後、画家として活躍する姿を第二章、初めてスケッチブックを携えたヨーロッパへの旅、貼絵による完成を夢みて挑んだ最後の大作「東海道五十三次」から晩年までを第三章として、「日本のゴッホ」「放浪の天才画家」山下清の姿を追います。
彼の放浪生活は、映画や舞台、テレビドラマにもなり、ほのぼのとした物語として幅広い層の支持を受けましたが、その人生が正確に伝えられていたわけではありませんでした。近年、独自の文体で書かれた文章にも注目が集まるなど画家としての再評価が高まるなか、本展では代表的な貼絵はもとよりペン画、油彩、水彩画など約180点を紹介し、遺族の証言に基づく画家、山下清の真実の姿に迫ろうというものです。
イベント情報
●記念講演会
「家族が語る山下清」
講師:山下浩氏(山下清作品管理事務局代表)
日時:4月28日(土) 13:30~(開場12:00)
会場:ふくやま美術館1階ホール
定員:200名 先着順 聴講無料

●ギャラリートーク(当日の観覧券が必要です)
日時:5月12日(土)、5月26日(土) 6月9日(土) 各回14:00~

●オンデマンドギャラリートーク(当日の観覧券が必要です)
日時:6月8日(金)、6月15日(金)17:00~ 開始時間については受付時に調整
*ご要望に応じてお一人様でも見どころを解説します。

●和紙ちぎり絵教室
講師:久本輝夫氏(中国新聞情報文化センター講師)
日時:5月20日(日) 14:00~16:00
対象:小学生から一般
受講料:1,000円(材料費含む) /定員:15名 ※応募者多数の場合は抽選
はがき、またはEメールに次のことをご記入のうえ、お申し込みください。
参加希望者名、年齢(学年)、住所(Eメール)、電話番号
○宛先:〒720-0067 福山市西町二丁目4番3号
ふくやま美術館「和紙ちぎり絵教室」係
Eメール:art2@city.fukuyama.hiroshima.jp ※締切り5月12日(土)必着

●映画会
『この空の花~長岡花火物語』(2012年 監督:大林宣彦)
*山下清も作品の題材とした長岡の花火を通して、「幸せ」「平和」について問いかけます。
会場:シネフク シネマモード 上映期間、時間についてのお問い合わせ 084-932-3381
特典:展覧会開催中、この映画の半券をお持ちいただくと展覧会を割引料金(1,000円→800円)でご鑑賞いただけます。山下清展の半券をお持ちいただくと、この映画を割引料金でご鑑賞いただけます。
●協賛企画「ふくやまをぶらり放浪しましょうか」
山下清展の半券をお持ちいただくと、サービス特典などある近隣商店街のお店がございます。詳細は館内にてご案内いたします。
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/schedule/special/yamasita/index.html
会場住所
〒720-0067
広島県福山市西町2-4-3
交通案内
●JR福山駅北口から西へ約400m
●山陽自動車道「福山東I.C」から車で西へ約20分
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/
広島県福山市西町2-4-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索