タイトル等
KATAGAMI Style 型紙
世界が恋した日本のデザイン
もうひとつのジャポニスム
会場
三重県立美術館
会期
2012-08-28~2012-10-14
開催時間
9:30~17:00
入館は閉館30分前まで
観覧料
[当日券]
一般1,000(800)円/高大生800(600)円/小中生500(300)円
( )内は前売り料金および20名以上の団体料金。
障害者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
主催者
三重県立美術館、日本経済新聞社、中日新聞社
協賛・協力等
協力 全日本空輸
概要
「型紙」とは、江戸小紋や長板中形、型友禅などの染色工程で用いられ、柿渋で貼り合わせた和紙に、特製の彫刻刀で多様な文様を彫リぬく伝統的な彫刻技法です。江戸時代中期以降、三重県鈴鹿市の白子・寺家地方が、独占的に生産・供給し、型紙といえば「伊勢型紙」と呼ばれるほどになりました。
この日本の染色文化の大きな柱を担っていた型紙が、19世紀後半、江戸から明治へと時代が移り変わるちょうどそのころ、何千何万という単位でヨーロッパを中心とした海外ヘともたらされた事実はほとんど知られていません。型紙のもつ繊細にして斬新なデザインは、現地の画家や工芸家、デザイナーたちに大きな影響を与え、各地で浮世絵に次ぐ、「もうひとつのジャポニスム」と呼ぶべき熱狂の渦が巻き起こりました。
2012年8月、三重県立美術館30周年を記念してお送りするのは、日本の伝統工芸である「型紙」を軸にヨーロッパやアメリカの近代さらには現代の美術まで、時代やジャンルを超えて横断する、全く新しい試みの展覧会です。
展覧会は、国内外の70か所にものぼる所蔵先から集めた作品約400点によって構成されます。「型紙」から「KATAGAMI」へ。ある時は絵画に、ある時は工芸に、ある時はデザインに。様々な形で織りなされる型紙をめぐる物語をぜひご堪能ください。
ホームページ
http://katagami.exhn.jp
会場住所
〒514-0007
三重県津市大谷町11
交通案内
■交通機関ご利用の場合

近鉄/JR 津駅西口から徒歩10分、または津駅西口1番のりばより、三重交通バス「西団地巡回」、「ハイタウン行き(東団地経由)」、「夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)」、「総合文化センター行き」のいずれかに乗車2分、「美術館前」下車徒歩1分


■自家用車でお越しの場合

伊勢自動車道津インターチェンジより約15分、料金所を出られてすぐに左折していただくと、美術館への標識が要所にございます。
駐車場の収容台数は約130台ですが、展覧会によっては混雑のため駐車できない場合もありますので、可能なかぎり公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
ホームページ
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/
三重県津市大谷町11
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索