タイトル等
丸沼芸術の森所蔵
ベン・シャーン展
線の魔術師
会場
埼玉県立近代美術館
会期
2012-11-17~2013-01-14
休催日
月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)~1月4日(金)
開催時間
10時~17時30分
入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般900円(720円)、大高生720円(580円)
※( )内は団体20名以上の料金。中学生以下と65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付き添いの方1名を含む)は無料です。
併せてMOMASコレクション(1F常設展示室)もご覧いただけます。
主催者
埼玉県立近代美術館、丸沼芸術の森
協賛・協力等
協力/JR東日本大宮支社、FM NACK5
概要
ベン・シャーン(1898-1969)は、1930年代から60年代にかけて、アメリカで活躍した画家です。リトアニアのユダヤ人家庭に生まれ、8歳のときに家族とともにニューヨークへ移住しました。移民の子として貧民街で育ち、少年の頃から石版画工房で働きながら美術を学んだシャーンは、一貫して人種差別や迫害、貧困をテーマに制作を続けました。また、ポスターや本の装丁など、グラフィック・デザインの分野でも活躍します。
ヒューマニズムの姿勢に貫かれたシャーンの作品は、描くものに対して、つねに鋭い批判の眼差しと深い愛情を投げかけました。特にその震えるような線からは、哀しみや怒り、そしてやさしさといったシャーンの感情が直接に伝わってくるようです。独特の線の魅力は、日本の画家やグラフィック・デザイナーにも大きな影響を与えました。
この展覧会では、「丸沼芸術の森」(埼玉県朝霞市)のコレクションから、近年新たに所蔵となった初公開の絵画・ドローイングを含むおよそ250点によって、ベン・シャーンの魅力を紹介していきます。
イベント情報
【ミュージアム・コンサート】
12月2日(日)14:30~、16:00~(各回30分程度、開場は15分前)/センターホール(地階)/各回60席(当日先着順)/無料/出演:川嶋哲郎(テナー・サックス他)、ゲスト:夏石番矢(俳句)/内容:ジャズ・スタンダード(「A列車で行こう」など)、ベン・シャーンにインスパイアされた即興演奏。

【クリスマスの映画上映会】「5つの銅貨」
12月22日(土)14:00~(開場は30分前)/講堂(2階)/100名(当日先着順)/無料/監督:メルヴィル・シェイヴルソン(1959年・アメリカ、117分)※DVDによる上映/内容:コルネット奏者レッド・ニコルズの半生を描いた心温まるストーリー。ルイ・アームストロングも本人役で出演しています。

【担当学芸員によるギャラリー・トーク】
11月24日(土)、1月12日(土)各日とも15:00から30分程度/企画展示室(2階)/企画展観覧料が必要です。
会場住所
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
交通案内
■ JRをご利用の場合
JR京浜東北線 北浦和駅西口より 徒歩3分 (北浦和公園内)
JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分

■ バスをご利用の場合
国際興業バス、西武バスとも 北浦和駅西口前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索