タイトル等
浜口陽三名品展
生まれ出ずる光
会場
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期
2012-04-03~2012-05-06
4/7(土)、4/8(日)、4/28(土)は銅版画教室の為、1階会場が鑑賞しにくくなります。
休催日
月曜日(4/30は開館)
観覧料
大人600円 大学・高校生400円 中・小学生200円
概要
20世紀を代表する版画家の一人、浜口陽三の名品展を開催します。
浜口陽三(1909-2000)は、戦後いちはやくパリに渡り、銅版画の新しい技法(カラーメゾチント)を開拓しました。その技法を使った作品は、国際版画コンクールで次々とグランプリを受賞し、オリンピックのポスターに使用されたこともあります。
浜口の編み出した技法のしくみは、現在のオフセット印刷とよく似ています。色の三原色である赤、青、黄、と黒の4色を刷り重ねて、色と影とを表現しました。しかし版画は手仕事で、気の遠くなる時間をかけて銅の板を一面に刻み、無限の広がりと神秘的なニュアンスを作り出しました。
どの作品も闇の中に見えますが、息をひそめると、かすかな色が息づいているのが感じられます。実際の作品の前に立つと、闇の中に、ほんのりとやさしい光が見えてきます。小さな静物画でありながら、地平線の夜明けが重なってくるような壮大なスケールがあります。
この春の展覧会では、浜口陽三の代表作である「バリの尾根」「くるみ」など珠玉の作品約50点を展示します。
イベント情報
銅版画教室
(1)体験教室<初心者向け>
日時:2012年 ①4月7日(土)②4月28日(土)各日14:00-17:00
講師:江本創(アーティスト) 定員:18名 参加費:1800円十入館料
モノクロームメソチント技法を使って製版から刷りまでを行い、1回の実習でポストカード大の作品を完成させます。

(2)自由教室<経験者向け>
日時:2012年 ③4月8日(日)14:00-17:00 定員:15名 参加費:500円十入館料
当館で体験教室に参加したことがある方限定で作品制作の場所を提供いたします。(※技法はモノクロームメソチントに限る。)

(1)、(2)申込:往復はがきにて受付(抽選)。※①③3/26、②4/16必着。
詳細はHPにてご確認下さい。(HPが見られない方はお手数ですがお電話にてお問合せ下さい。)
会場住所
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
交通案内
地下鉄

◎半蔵門線水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線の水天宮前駅の3番出口から地上に出たら、うどん屋さんと、細い道路を隔てて左斜め向かいに、1階ガラス張りのギャラリー風の建物を探してください。
入口上方に青色と黒色の旗(バナー)が見えます。

◎日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩8分
◎浅草線人形町駅 A5出口 徒歩10分
人形町通りを半蔵門線水天宮前駅方向へ、FedEx Kinko's Japan (フェデックス キンコーズ・ジャパン) を通り過ぎ、さらに200mほどまっすぐ行きます。首都高速高架のすぐ手前右側の厚木クリニックの角を右に曲がると2軒目の建物が美術館です。1階ガラス張り、入口上方の青色と黒色の旗(バナー)が目印です。

※日本橋三越前から歩くと20分以上かかります。最寄駅の水天宮前のご利用をおすすめします。


バス

中央区コミュニティバス(江戸バス) 北循環ルート
「蛎殻町一丁目水天宮前駅 <22番>」下車 徒歩3分
運行時間 20分間隔
料金 100円(未就学児無料)

主要駅からご利用の場合の所要時間
・東京駅から「東京駅八重洲北口(八重洲地下街北入口)<6番>」より約30分
・三越前駅から「本石町一丁目(日本橋三越前)<8番>」より約27分




首都高速 浜町出口から600m、約3分
首都高速 清洲橋出口から450m、約3分

東京シティエアターミナル駐車場入口前
※美術館には駐車場がありません。向かいのコインパーキングをお使いください。
ホームページ
http://www.yamasa.com/musee/
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索