タイトル等
パラミタミュージアム開館十周年記念特別企画
福富太郎コレクション
鏑木清方と美人画名作選
―描かれた日本女性の美―
会場
パラミタミュージアム
第4室 第5室
会期
2012-10-13~2012-12-02
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
入館は午後5時まで
観覧料
一般1,000円(4枚セット券3,000円)/大学生800円/高校生500円/中学生以下無料
主催者
公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
協賛・協力等
[後 援]中日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送、伊勢新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社、シー・ティー・ワイ、ケーブルネット鈴鹿
概要
平安時代の絵巻物から江戸時代の浮世絵など、いつの時代も女性の美は日本美術の大きなテーマとして多くの画家たちを魅了してきました。明治時代に入ると、「美人画」は日本画の一つのジャンルとして確立され、数々の優品が生みだされました。
本展では美人画の蒐集で知られる福富太郎コレクションから、鏑木清方(明治十一年~昭和四十七年)を中心に東の画壇からは、鏑木清方の師・水野年方、池田蕉園、伊東深水ら、また西の画壇からは上村松園、北野恒富、島成園ら、近代日本画壇を代表する画家たちの美人画を約六十点展示いたします。各々の作品には、芝居や伝説に取材したドラマチックな女性たちの姿や各時代の生活、風俗のにじみ出た様子を見ることができます。
ただ美しいだけでなく、ときには清楚に、あるいは妖艶な、そして知的な女性たち、これらを通して明治・大正・昭和に描かれた、作品がまた画家が魅せる女性の美を御堪能下さい。
イベント情報
講演会
10月28日(日)午後2時から
「美人画の系譜」
―西洋が見た美人と東洋が見た美人―
講師 赤川一博(当館学芸企画部長)
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com/plan/next_exhibition.html
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索