タイトル等
パラミタミュージアム開館十周年記念特別企画
南都大安寺と観音さま展
祈りと救済の美
会場
パラミタミュージアム
第4室
会期
2012-08-30~2012-10-10
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
入館は5時まで
観覧料
一般1,000円(4枚セット券3,000円)
大学生800円/高校生500円
中学生以下無料
主催者
公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
協賛・協力等
[後援]いなべ市、中日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送、伊勢新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社、シー・ティ・ワイ、ケーブルネット鈴鹿、近畿日本鉄道
[特別協力]大安寺
[協賛]フコク印刷工業
[助成]芸術文化振興基金
概要
三重県北勢地方には大安町という町があります。この町名は南都大安寺の食封が「員弁郡宿野原」にあったことにちなんで、昭和34年に名づけられたのでした。当館の名称「パラミタ」の由来となった『般若心経』も観音菩薩と深い関係があり、奇しくも、当館には「長快作 長谷寺式十一面観音像(鎌倉時代)」が常設展示されています。
おそらく、観音菩薩ほど私たちに身近な仏さまは居られないでしょう。じつは、世界中を見渡しても、日本ほど観音菩薩像が沢山制作された国はありません。なぜ、わが国にだけこれだけ観音信仰が盛行したのでしょうか。
本展では、地元ゆかりの大安寺の名宝と歴史、そしてわたしたちにとって、もっとも身近な仏さまである観音菩薩の名作を約50点(内重要文化財14点)を展示し、その中に日本の心の原点を探ってみたいと思います。
イベント情報
[記念講演会・座談会]
10月5日(金)
講師 河野良文 (南都大安寺管主) 西山 厚 (奈良国立博物館学芸部長)
午前10時から11時 会場 いなべ市大安公民館
講演会「大安時の歴史と大安町」河野良文
午前11時15分から12時 会場 いなべ市大安公民館
座談会 河野良文、西山厚
午後2時から3時30分 会場 パラミタミュージアム
講演会「観音信仰について」西山厚

[講演会] 赤川一博(当館学芸企画部長)
各回とも午後2時から3時30分
9月2日(日)「仏像入門―仏像の世界」
9月16日(日)「仏像入門―仏像の見方・楽しみ方」
9月22日(土)「大安寺の歴史と仏さま」
9月30日(日)「観音さまの見方・楽しみ方」
10月6日(土)「観音菩薩の名作」
展示替え情報
期間中展示作品の一部入替えがあります。
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com/plan/next_exhibition.html
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索