タイトル等
中村正義
日本画壇の風雲児、
新たなる全貌展
正義(まさよし)、参上。
これが日本画だぁー!
会場
練馬区立美術館
会期
2012-02-19~2012-04-01
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00
入館は17:30まで
観覧料
一般500円、高大生および65~74歳300円、中学生以下および75歳以上無料
その他各種割引あり
主催者
練馬区立美術館/東京新聞
協賛・協力等
協力=中村正義の美術館
概要
「醜」もまた「美」であるという逆説を是とし、デモーニッシュな創造の絵筆を大胆にふるった日本画家、中村正義(1924~77)が亡くなって33年が経ちます。
「日本画滅亡論」が叫ばれた戦後の日本画壇において、新時代に対応する新しい日本画改革の先頭に立って活躍した中村正義は、日展の若きスターとして「風雲児」と称されましたが、制作は持病の肺病と闘いながらの日々でした。36歳という若さで日展審査員となった正義でしたが、生来の批判精神と日本画壇の因襲への反発心から翌年には日展を脱退。
60年代以降は、革新と前衛の担い手として精力的な創作を展開します。絵具に蛍光塗料を混ぜて描いた《男と女》シリーズ、映画『怪談』のために描いた大作《源平海戦絵巻》などの話題作を発表して名を馳せました。66年には、美術評論家・針生一郎の企画による「これが日本画だ!」展に参加する一方で、仏画や風景画という伝統的な画題においても現代性を追及。また、雑誌の表紙画として著名人をポップ・アート風に描いたかと思えば、人間の「顔」に現われた心の闇を描いた作品群を発表。74年には、社会的な意識の高い前衛画家を結集したグループ「从(ひとひと)会」を組織。しかし、惜しくも1977年に肺癌のため52歳の生涯を閉じました。
本展は、日本画の既成概念をおおきく超越し、病魔と闘いながらも、多彩な話題作や多様な問題作を遺した中村正義の革新的画業のほぼ全貌を紹介するものです。
イベント情報
(1)特別対談「父をめぐる旅-異才の日本画家・中村正義の生涯」
2月25日(土)15時~ 会場=美術館1F視聴覚室
出演=武重邦夫(映画監督)×中村倫子(中村正義長女・中村正義の美術館館長)

*本年公開予定の武重監督による同名記録映画の制作談義を予定しています。
*入場に際しては展覧会鑑賞券(半券、当日以外の半券でも可)が必要です。
◎事前申込(抽選)制。高校生以上対象。定員60名。◎往復ハガキまたはEメールにて「中村正義展特別対談」と明記し、住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を記入してご応募下さい。一通につき2名様まで申込可(連名で記入)

宛先:〒176-0021練馬区貫井1-36-16 練馬区立美術館
E-mail:museum@city.nerima.tokyo.jp 〆切は2月10日(必着)


(2)ゲストによるギャラリートーク
・中村倫子(中村正義の美術館館長) 3月17日(土)15時~
・大野俊治(从会会員、豊橋市美術博物館主任学芸員)3月31日(土)15時~

(3)キュレーターによるギャラリー・トーク
3月3日(土)、3月10日(土)、3月24日(土) 各日15時~
*上記関連イベントはすべて観覧券(半券)が必要です。
ホームページ
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/nakamuramasayoshi12.html
会場住所
〒176-0021
東京都練馬区貫井1-36-16
交通案内
【鉄道】
西武池袋線 「中村橋」駅 徒歩3分
※改札は1か所です。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方面に130メートル先の右側です。

都心からも意外に近い!
・池袋駅から 16分 (西武池袋線 各駅停車利用)
・渋谷駅から 約30分 (東京メトロ副都心線直通 急行利用)
・有楽町駅から 約40分 (東京メトロ有楽町線直通 各駅停車利用)
・六本木駅から 約40分 (都営大江戸線利用、練馬駅で乗換)

【バス】
関東バス 「中村橋」停留所より 徒歩5分
・阿佐ヶ谷駅北口~中村橋 【阿01】系統 終点
・荻窪駅北口~中村橋 【荻06】系統 終点
・荻窪駅北口~練馬駅 【荻07】系統 「中村橋」下車
ホームページ
http://www.neribun.or.jp/museum.html
東京都練馬区貫井1-36-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索