タイトル等
プリントアートの魅力
会場
北海道立帯広美術館
会期
2012-02-10~2012-04-11
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
展示室への入場は午後4時30分まで
観覧料
一般500(400)円、高大生300(250)円
◎( )内は、前売・リピーターおよび10名以上の団体の割引料金。◎リピーター割引は、本展または「シャガール、パスキンとエコール・ド・パリの綺羅星たち」(11月~2月開催)の入場チケット半券をご提示ください。◎中学生以下、65歳以上、高校の教育活動としての観覧、身障者手帳をお持ちの方などは無料。高校生は毎週土曜日は無料。◎前売り券=2月1日(水)まで帯広美術館受付カウンターにて取り扱っています。
主催者
北海道立帯広美術館
概要
北海道立帯広美術館では、美術館の立地する「道東の美術」、バルビゾン派を中心とする「西洋の美術」、そして国内外の版画を中心とした広範な分野の「プリントアート」を収集の柱としています。現在、19世紀フランスを主としたポスター約250点、版画と写真約300点を所蔵しています。
産業革命後のヨーロッパでは、資本主義社会の発展にともない、旅行やスポーツ、観劇などの娯楽、さまざまな商品の宣伝目的のため大型のポスターがさかんに制作されました。カラー・リトグラフの技術が、多色刷りの色鮮やかな表現を可能にし、シェレやミュシャ、ロートレックらが活躍し、19世紀末には、華やかなポスター芸術の黄金時代を迎えます。
そして、今日、版を用いた表現は、多様化し、版画という領域におさまらなくなっています。従来の版画技法に新たな手法を併用して制作された斬新な作品、写真やコンピューターなど、さまざまな方法の使用によって版表現の可能性を切り開いた作品が次々と生み出されています。
今回の展覧会では、当館の所蔵品の中からヨーロッパのポスターと現代の作品およそ約70点により、プリントアートの魅力をご紹介します。
イベント情報
■バレンタイン・コンサート
日時=2月11日(土) 午後2時~
会場=当館ロビー(入場無料)
■ミュージアム・カレッジ「芸術の都・パリの作家たち」
講師=当館学芸員
日時=①1月7日(土) 「ジュル・パスキンとエコール・ド・パリ」
②1月14日(土)「シャガール ある異邦人画家の軌跡」
③2月18日(土)「カッサンドル アール・デコの魅力」
④2月25日(土)「アルフォンス・ミュシャ アール・ヌーヴォーの華」
全4回、各日とも午後2時~
会場=当館講堂
受講料=1000円(展覧会観覧料)
道民カレッジ連携講座(事前申込制)
受講希望者は、電話(0155-22-6963)にて当館に申し込むこと。(先着順40名)
■技法講座「メゾチントの初歩」
講師=中谷有逸氏(美術家)ほか
日時=3月10日(土)、11日(日) *2日間連続
対象=高校生以上(定員15名)
会場=公館講堂ほか(事前申込制)
■キッズミュージアム「楽(たの)しいはりえ」
託児室を開設します。お子様が工作を楽しんでいる間、ゆっくりとご鑑賞ください。
日時=3月17日(土) 午後2時~4時(受付は午後3時30分まで)
会場=当館講堂(託児無料)
■ギャラリー・ツアー
講師=佐藤由美加(当館主任学芸員)
日時=3月24日(土) 午後2時~(約30分)
会場=当館主展示室(要観覧券)
会場住所
〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
交通案内
バス / 拓殖バス (帯広駅バスターミナル②番より):
【25 帯広の森線】【21~24 南商業高校線】乗車16分で「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車 徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)

タクシー / JR帯広駅より約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索