タイトル等
高野卯港デッサン展
会場
Gallery:Shimada deux
会期
2012-02-11~2012-02-22
開催時間
12:00~19:00
*火曜日は-18:00 最終日は-17:00
概要
いくつもの線の重なりの向こうに画家がいる。その姿は定かではないけれど、悲しげで人恋しそうな眼をしている。猥雑な世界にあってその中に身を置きながら、高野卯港は澄んだ眼を曇らせることなく画家として生き、二00八年の秋、六十年足らずの生を終えた。残された作品を見るかぎり、悦びや哀しみがないまぜになって人間臭く、振り返れば、その生涯は愛すべき日々の集積であった。 岸野裕人 (美術の窓2012年1月「デッサンを見る」より)
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/takano_1202.html
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲート1F
交通案内
JR・阪急三宮駅より徒歩約15分
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲート1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索