タイトル等
館蔵品展
日本・20世紀末の美術作品
会場
高知県立美術館
2階 第2・3展示室
会期
2012-02-19~2012-03-31
会期中無休
開催時間
9:00~17:00
ご入場は16:30まで
観覧料
一般350(280)円・大学生250円(200)円・高校生以下無料
*第1展示室「マルク・シャガール展」および第4展示室「コレクション展」(3月21日より)も併せてご覧いただけます。*( )内は20名以上の団体料金。
*身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県および高知市長寿手帳をお持ちの方は無料でご覧いただけます。
*年間観覧券(2500円)をお持ちの方は無料でご覧いただけます。
主催者
高知県立美術館
概要
高知県立美術館の収蔵品から、20世紀末の日本で制作、発表された10名の作家による大作14点を選りすぐり、ご紹介いたします。バブル景気に沸きかえった1980年代から、失われた10年と呼ばれる1990年代の日本において、混迷の時代を見据えた多くの美術作品が制作されました。当館では同時代の美術作品の収集に力を入れており、今回20世紀末からの時代のカオスを映し出す作品群を一堂に展示いたします。ご紹介する10名の美術作家は日本のみならず海外でも高く評価されています。どうぞご家族連れでご鑑賞くださいませ。
イベント情報
会期中の日曜日・午後2時より学芸員によるギャラリー・トーク(作品解説)を行います(要観覧券)。
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索