タイトル等
小企画展
原勝四郎の日本画
会場
田辺市立美術館
会期
2011-12-03~2012-01-29
休催日
毎週月曜日(但し1月9日は開館)
12月28日(水)-1月4日(水)
1月10日(火)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 250円(200円)
( )内は20名様以上の団体割引料金
※学生及び18歳未満の方は無料です。
主催者
田辺市立美術館
概要
田辺市に生まれた原勝四郎(1886~1964)は、青年期には上京して美術学校に入り、その後第一次大戦下のヨーロッパに渡ってまで熱心に西洋の絵画を学びましたが、帰国して郷里で制作を行うようになってから、特に結婚して隣町の白浜に移り住んで後の1934(昭和9)年頃からは、油彩画とともに墨や水彩絵の具を用いて、掛軸や色紙といった日本画の様式による作品も描くようになります。
原自身はこれを油彩画の制作の傍らに描く余技と考えていたようですが、作品を愛好し求める人も多かったため、戦争の影響で制作が中断するまでのおよそ10年間に亘って描き続けられ、晩年にも再び筆をとっています。
個性的な画技が活かされ、形式に拘泥しない日本画の作品は、原の表現の幅広さを伝えるとともに、人柄までもにじみ出たような温かい親しみのある内容となっています。
今回の小企画展では、これらの作品を集中して取り上げ、その制作の元となった植物スケッチや油彩画も併せて展観し、原の芸術を改めて視野を広げてうかがう機会にしたいと思います。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/exhibitions/111203_hara
会場住所
〒646-0015
和歌山県田辺市たきない町24-43
交通案内
「JR紀伊田辺駅」・「JR白浜駅」・「南紀白浜空港」から明光バスで、
「南和歌山医療センター前」または「新庄紀南病院前」下車、徒歩5分。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
和歌山県田辺市たきない町24-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索