タイトル等
特別企画展
花の美術
会場
大和文華館
会期
2012-02-25~2012-04-08
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時まで
観覧料
一般 600円 高校・大学生 400円 小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※障害者手帳等ご提示により本人と同伴者1名2割引
概要
四季折々に咲く花々は東洋の美術において古くから絵画や工芸の主題として取りあげられてきました。花々はその美しい姿が目を楽しませ、四季の変化を教えてくれます。また、文学や宗教などとも結び付き、花の形状や咲き方に因んだ特性が附されてきました。梅や菊は寒い季節に花を咲かせ、清らかな香を漂わせることから高潔の象徴とされ、文人たちに殊に愛されました。桜は絢爛(けんらん)に咲き誇るかと思えば、すぐに散りゆくことから、その儚(はかな)さが多くの和歌に詠われています。蓮は泥の中にあっても清らかな花を咲かせることから清浄の象徴とされ、牡丹は華やかな姿から「百花の王」とも呼ばれ、富貴の象徴とされました。本展観では、こうした花々の姿や性格の特徴を捉え、美しく表現した絵画・工芸を展示いたします。
本展観を開催する冬から春へ移り変わる時期は、文華苑が最も華やかな季節でもあります。梅苑では梅が香り高く咲き、次に木蓮(もくれん)や枝垂れ桜が豪華に咲き乱れ、雪柳(ゆきやなぎ)・連翹(れんぎょう)・遅咲きの椿なども彩りを添えます。中でも梅は種類が多く、その清楚な花々が文華苑で長く楽しむことができ、館蔵品にも梅を表した絵画・工芸が特に多くあります。本展観では多彩な館蔵品に加え、白梅をダイナミックに描いた長沢芦雪(ながさわろせつ)の名品「白梅図屏風」(個人蔵)を特別出陳いたします。庭に咲く自然の花々と展示場に並ぶ美術品の花々を合わせてお楽しみ下さい。
(担当 宮崎もも)
イベント情報
列 品 解 説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

特 別 講 演 3月4日(日) 午後2時から講堂にて
「近世絵画の華―梅花表現をめぐって―」
冷泉家時雨亭文庫理事長 冷泉為人氏

講座 美術の窓 3月18日(日) 午後2時から講堂にて
「写楽の役者版下絵と相撲版下絵」 当館館長 浅野秀剛

日曜美術講座 4月1日(日) 午後2時から講堂にて
「田能村竹田と花―『翰墨随身帖』を中心に―」
当館学芸員 宮崎もも
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索