タイトル等
世界中で愛されるリンドグレーンの絵本
長くつ下のピッピ/やかまし村の子どもたち/ちいさいロッタちゃん
会場
世田谷文学館
会期
2011-04-16~2011-06-26
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般600(480)円、高大生450(360)円、65歳以上300(240)円、障害者手帳をお持ちの方300(240)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
概要
世界中の子どもたちに愛されている『長くつ下のピッピ』。作者のアストリッド・リンドグレーン(1907-2002)は、子どもの憧れる生活を、ピッピという日常の価値観を超越した女の子の物語によってかなえてみせました。
リンドグレーンは生涯にわたり、ピッピのように〈子どもならではの時代〉を謳歌する子どもたちの姿を書き続けました。それは、大人の理想とする子どもの姿を払拭するもので、子どもは大人とは全く異なる世界の中に生きていることを明確にするものでした。
本展では、「やかまし村シリーズ」など、スウェーデンの豊かな自然を背景にした作品群を展示するとともに、世界中に広がった「ピッピシリーズ」の〈生き生きとしたイメージ〉を2部構成でご紹介します。
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
展覧会問合せ先
03-5374-9111
会場住所
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
交通案内
京王線 芦花公園駅 南口から徒歩5分

小田急線 千歳船橋駅から
京王バス(「千歳烏山駅」行) 「芦花恒春園」下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
東京都世田谷区南烏山1-10-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索