タイトル等
屏風絵
~その大画面の魅力~
会場
大倉集古館
会期
2002-02-01~2002-03-27
休催日
月曜日(休日の際は翌日)
観覧料
一般700(600)円、大学生・65才以上500(400)円、小中高300(200)円
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日:高校生以下の児童・生徒並びに同伴の両親・教師の入場は無料
主催者
大倉集古館
概要
『屏風絵』の基本型は広げると約7mもの横幅となります。世界に凡そ類を見ない、大型の独立した平面芸術といえましょう。しかも屏風は本来実用品であり、風よけや間仕切りの用を持つ生活の具でした。これに色彩や図様の変化を加えて室内空間を演出、さらには純粋な鑑賞画へとその大画面を堂々と成立させた構成力とデザイン感覚は、日本美術の最も誇るに足る一面と思われます。ここでは屏風絵の中でも特に斬新な意匠や色遣いが際立つ装飾的な作例を中心に陳べました。花鳥・山水・人物と、大画面を自在に構築する大らかで優美な情景をご堪能ください。

●主な展示品●
「桜に杉図」 伝藤原光信筆 桃山時代
「宮楽図」 桃山時代
「平家物語扇面散らし」 桃山時代
「秋草図」 住吉如慶筆 江戸時代
「網代に葡萄図」 江戸時代
「桜図」 江戸時代
「松竹に鶴・柳に猿図」 狩野探幽筆 江戸・寛文7年
「賀茂競馬・宇治茶摘図」 久隅守景筆 江戸時代(重要文化財)
「槙に鷹図」 江戸時代
「杉図」 江戸時代
「奔潭」 川合玉堂筆 昭和4年
「淀の水車」 宇田萩邨筆 大正15年 ほか
ホームページ
http://www.shukokan.org/
展覧会問合せ先
03-3583-0781
会場住所
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-10-3(ホテルオークラ東京本館正面玄関前)
交通案内
<東京メトロ>
日比谷線神谷町駅より7分
銀座線虎ノ門駅より10分
銀座線・南北線溜池山王駅より8分
南北線六本木一丁目駅より5分
ホームページ
http://www.shukokan.org/
東京都港区虎ノ門2-10-3(ホテルオークラ東京本館正面玄関前)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索