タイトル等
多摩美術大学美術館 コレクション展 シルクロードと東洋の造形
会場
多摩美術大学美術館
会期
2011-04-06~2011-05-22
休催日
火曜日(祝日にあたる場合は翌平日)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 300円(200円)、大・高校生 200円(100円)、中学生以下、障害者および同伴者は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
主催者
多摩美術大学
概要
シルクロードはユーラシア大陸の中心部を貫く交易路として多くの文物を運びました。本展では当館の古美術コレクションからペルシア、中国、朝鮮半島を中心に選び、このシルクロード沿線で生まれた造形をご覧いただきたく存じます。
オリエンタルな雰囲気を醸し出すペルシアの器物、そして文化の巨大集散地であった中国を知る文物、さらに中国からの強い影響を受けながら独自の美観を持つ朝鮮半島の鏡や器等アジアの約95点に加え、ギリシアやローマ時代の地中海美術を交えて出品いたします。
シルクロードと古代ユーラシア大陸を舞台とした文化交流、そして各民族が固有に育んだ造形美をどうぞ発見して下さい。
ホームページ
http://www.tamabi.ac.jp/museum/
展覧会問合せ先
Tel. 042-357-1251
会場住所
〒206-0033
東京都多摩市落合1-33-1
交通案内
多摩センター駅 徒歩7分
(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)
ホームページ
http://www.tamabi.ac.jp/museum/
東京都多摩市落合1-33-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索