タイトル等
日比野克彦展
ある時代の資料としての作品たち
会場
いわき市立美術館
会期
2001-09-15~2001-10-28
休催日
毎週月曜日(ただし9月24日、10月8日は開館、それぞれ翌火曜日休館)
観覧料
一般840円(670円)、高・大・高専420円(330円)、小・中生210円(160円) ※()内は20名以上の団体割引
主催者
いわき市立美術館、毎日新聞社、福島民報社
概要
1980年代初め、後にトレードマークとなるダンボールを素材とした作品でデビューして以来、日比野克彦は、軽やかなフットワークで活動の幅を広げ、1995年、第46回ヴェネツィアビエンナーレに出品するなど、現代の日本のアートシーンを代表するアーティストである。
絵画、オブジェ、舞台美術、パフォーマンス、映像、デザインと日比野の作品の幅は極めて広い。個性的かつ多彩に広がるこれらの作品群は、彼の類まれなる資質から生み出されたものに他ならない。しかし一方で、日比野を語るとき、アートに様々な表現の形を要求している現代の社会状況を見逃すことはできない。バブル経済の絶頂と崩壊、コンピューターの普及、歪んだ人間関係など、20世紀後半、時代の大きなうねりの最先端を鋭い洞察力と旺盛な好奇心をもって走りつづけてきたパワーも日比野の魅力の一つと言って過言ではないだろう。
本展では、日比野の若々しい感性がみなぎる初期のダンボール作品、テレビや雑誌などまさに時代の寵児としてメディアを駆け抜けた80年から90年にかけての多種多様な作品群、環境問題など現代社会の歪みや、人と人の出会いにテーマを求めた90年代後半以降の作品など、過去20年間に及ぶ活動を展示することにより、常に時代と交信しながら進化しつづける日比野克彦の表現世界を紹介しようとするものである。
また、本展のために制作された新作は、日比野克彦の表現世界の今現在の到達地点を露わにするとともに、日比野芸術の次なる次元への進展を予感させることだろう。
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/index.html
展覧会問合せ先
電話:0246-25-1111 ファクス:0246-25-1115
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索