タイトル等
桜 さくら サクラ
-大観・御舟・土牛などの巨匠の名画
会場
山種美術館
会期
2002-03-15~2002-05-06
休催日
月曜日
観覧料
一般500円、大高生400円、中小生無料
主催者
山種美術館
概要
四季折々の風趣に恵まれ、自然にゆだねた生活を営んできた日本人にとって、草木花に寄せる想いはことのほか深いものがあります。特に桜は花王とも称せられ、古くより絵画、文学をはじめとする芸術全般において好題材として選ばれてきました。
一斉に咲き潔く散っていく様は日本人の美意識によく合い、わたくしたちはことのほか桜に心を寄せてきました。また、桜は華やかさと同時に寂しさや強さを合わせ持ち、人により時により様々な表情を見せます。

春、桜の季節に開催する本展覧会では、所蔵品の中から近代日本画において表現された桜を中心に選び、日本人が自然に向けたまなざしについてみていきます。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.or.jp
展覧会問合せ先
03-3239-5911
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索