タイトル等
山中雪人・水谷愛子 二人展
会場
呉市立美術館
会期
2005-10-08~2005-11-23
休催日
会期中無休 但し10/31(月)は展示替えのため休館
開催時間
10時~17時(入館は16時30分まで)
観覧料
一般 800円(600円)
学生、小・中・高生は無料
※( )内は前売、20名以上の団体料金
主催者
呉市立美術館・呉市文化振興財団・中国新聞社
概要
山中雪人(1920~2003)と水谷愛子(1924~2005)。この二人の日本画家は,広島県出身の日本美術院所属作家として,長年にわたり優れた作品を数多く発表してきました。
山中雪人は,釈迦やキリストをテーマに尊厳と気品に満ちた宗教画を描き,水谷愛子は,確かなデッサン力と造形感覚により,個性あふれる人物画を描き続けてきました。百年以上にもなる日本美術院の長い歴史の中で,夫婦そろって同人に列した作家は,この二人が初めてでした。
呉市立美術館では,平成15(2003)年6月の山中雪人画伯逝去後の翌年1月,ご遺族から両画伯の生涯にわたる主要な作品あわせて70点(山中雪人36点,水谷愛子34点)を挙げてご寄付いただきました。
この展覧会では,「おしどり夫婦」として知られた二人の日本画家の60年以上にわたる画業を回顧,顕彰するとともに,代表作多数を含む秀作を紹介します。
ホームページ
http://www.kure-bi.jp/
展覧会問合せ先
呉市立美術館 0823-25-2007
会場住所
〒737-0028
広島県呉市幸町入船山公園内
交通案内
●JR広島駅から
呉線快速で30分, JR呉駅下車 約800m

●呉駅前バスのりば③番から
〔音戸・倉橋方面行〕5分, 「眼鏡橋」下車 約200m

●広島バスセンター⑥番から
〔呉本通6丁目行〕50分, 「四ツ道路」下車 約500m

●広島東ICから
広島呉自動車道(クレアライン)経由で30分
ホームページ
http://www.kure-bi.jp/
広島県呉市幸町入船山公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索